HOME  V-SIENについて  これからの課題

これからの課題

 Ⅰ.ニーズの多様化への対応

障がいの捉え方の変化、就業や生活ニーズの多様化に対応した専門性の高い能力開発・就業支援を生活支援等様々な社会資源との連携の中で展開する。

 Ⅱ. 地域を意識した事業展開

大阪市や府域を意識し、地域の中での立ち位置を確認するとともに、地域で必要とされる事業展開をめざしていく。特に教育機関や連携する地域の就労移行・継続支援事業所、相談支援事業所との協力体制を視野に入れる。

 Ⅲ. 新体制の模索

市政が新体制となり、事業がプロポーザル化する中、これまでの事業体制の一層の強化とともに、それを見直していく勇気をもって、将来に向け新たな事業体制を検討する。