HOME  V-SIENについて  V-SIEN事業内容

V-SIEN事業内容

 総合相談室

V-SIEN内のサービスとその他の社会資源のサービスに関する相談、就労に関する様々な相談をお受けしています。 相談に来られた方と必要なサービスについてともに考え、サービスを繋ぎます。 福祉施設の方、教育機関の方もぜひご利用ください。

 

    多様な相談内容

  • 職業訓練、就労に関する相談
  • 就業に関係する生活の相談
  • その他、情報提供 等

相談は予約制です。 まずは、面談日時の予約をお願いします。 総合相談室に直接お電話ください。ファックスやメールでも結構です。ご希望日より、面談日時などを決めます。予約日には、大阪市職業リハビリテーションセンター1階事務室の総合相談室にお越しください。お話を伺う時間は1時間程度です。

総合相談室直通
TEL: 06-6769-7740
FAX: 06-6704-7274
E-mail: 

mailaddress

総合相談を介して、V-SIEN内・外の多種多様な関係づくりが進んでいきます。 修了生のみなさんもお気軽にご相談ください。

総合相談室

 大阪市職業リハビリテーションセンター

当センターは厚生労働省、高齢・障害・求職者雇用支援機構、大阪府、大阪市の助成を受けて運営する職業能力開発施設です。障がいのある方々が職業知識や技能を修得し、職業人として社会参加できるよう協力企業、関係諸機関と連携しながら就業への支援をします。障がい種別や程度にかかわらず、「就業する」という意志のある方に門戸を開いています。

講義中の写真

 大阪市職業指導センター

当センターは厚生労働省、高齢・障害・求職者雇用支援機構、大阪府、大阪市の助成を受け運営する「職業能力開発施設」です。「就業する」という意志のある知的障がいのある人達が就業に必要な知識や技能などを習得し、就業に結びつくことができるよう大阪市職業リハビリテーションセンターや大阪市障がい者就業・生活支援センター、協力企業、関係諸機関と連携しながら就業への支援を行います。 センターでの訓練は2年間あり、1年次は職業基礎課程で基礎的な社会適応訓練や作業遂行能力の向上に関する職業基礎訓練を実施し、2年次は職業能力開発過程で就業に必要な職業適応訓練や職業指導を行います。

 大阪市障がい者就業・生活支援センター

当センターは「障がい者の雇用の促進等に関する法律」により大阪府知事が指定した「障がい者就業・生活支援センター事業」を実施しております。事業全体を統括し企業や関係機関のネットワークを支える「中央就業支援センター」と地域において具体的な就業支援サービスを提供する「地域就業支援センター」を設置しています。従来の「箱型」の施設ではなくソフト面を整備、充実させたセンターで、企業、各関係諸機関、諸団体との連携を図りながら、大阪市内全域を対象に社会資源を最大限に活用して、地域に根ざした就業支援に関する総合的な役割を果たします。

 サテライト・オフィス平野

当事業所は、障害者自立支援法にもとづく就労移行支援事業所として事務系の職種を中心とした就労を目指し、特に支援ニーズが高まっている発達障がいのある人への支援に重点をおき、本人の特性や働く力を見極めたうえで就労に向けた基礎訓練を行い、就労へとつなぐ支援を実施しています。

 大阪市援助技術研究室
  (大阪市立心身障害者リハビリテーションセンター2階)

  1. 相談事業
  2. 大阪市在住の方を対象に、福祉用具に関するご相談や住宅の増改築のご相談など、専門の相談員が応じます。

     

  3. 研究開発事業
  4. 障がいのある人、企業、大学、専門学校、関係機関などが連携し、充実したテクニカルエイドへのシステムづくりと、専門的な支援技術の研究、開発に取り組んでいます。

     

  5. 普及活動
  6. テクニカルエイドに関連する各種の情報を提供する目的で、各種講習会・セミナー等を開催しています。

大阪市補装具・福祉機器普及事業
TEL: 06-6703-5347

大阪市援助技術研究室