HOME  職業訓練について  ワークアドバンスト科

ワークアドバンスト科

 年間スケジュール

1年間の内容概略

第1ターム(4月~6月)・・・・・訓練導入期

関係性の構築

第2ターム(7月~9月)・・・・・基礎実践期

基本的な生活の安定性の維持と継続

第3ターム(10月~12月)・・応用訓練期

基本的実務技能と就業自立への導入

第4ターム(1月~3月)・・・・・職場適応訓練期

就業自立への移行

      イベント(年間)
 4月 入校式
 5月 ケース会議
 6月 日商簿記検定試験(希望者のみ)
第1ターム振り返り
 7月 なし
 8月 プレゼンテーション大会
 9月 第2ターム振り返り
10月 ケース会議
11月 日商簿記検定試験(希望者のみ)
就職相談会
12月 第3ターム振り返り
 1月 ケース会議
 2月 日商簿記検定試験(希望者のみ)
就職相談会
 3月 ケース会議
総括
修了式

*全てが対象となるということではありません。

 学科・実務内容<訓練時間1400時間以上>

  • パソコン実技(Word/Excel/PowerPoint等)
  • 軽作業(ピッキング作業/清掃/弱電等)
  • 就労SST(働く上でのコミュニケーション力向上)
  • 就労準備ミーティング(障害開示で働く上での心構え)
  • 基礎実務(実務に関わるスキル向上)
  • グループワーク(個々のエンパワメントの向上)
  • 簿記・会計学(日商簿記検定3級・2級、ビジネス会計)
  • 外部講師による特別講座(職業人としての心構え、修了生の体験報告)
  • プレゼンテーション作成&発表
  • 体育(長居障がい者スポーツセンターにてレクリエーション)

 取得可能資格

日本情報処理検定

日本語ワープロ検定

表計算検定

プレゼンテーション検定

文書デザイン検定

日商PC検定

 文書作成(2級~3級)

 データ活用(2級~3級)

 プレゼンテーション(3級)

日商簿記検定

 日商簿記検定3級

訓練生の声

ワークアドバンスト科

2012年度訓練生

Aさん

現在取得資格
 日商PC検定データ作成2級
 日商PC検定文書作成3級
 日本商工会議所簿記検定試験3級
  • 入校理由
     Q.大阪市職業リハビリテーションセンターに入校した理由は?
     A. 障がいを持ちながら働くことがとても不安で働き続ける力と自信、
       スキルを身につけたいと思い入校しました。
  • 訓練内容
     Q. 大阪市職業リハビリテーションセンターに入校して「良かった」と思うことはありますか?
     A. 入校して一番良かったことは、働くことへの自信がついたことです。
       訓練の中で毎日の体調をしっかり管理するということを身につけ、
       パソコンや簿記など、働く上で必要なスキルをアップすることができました。
  • 訓練を振り返って
     Q.今までの訓練を振り返った感想を教えてください。
     A. とても充実した一年でした。訓練は決して楽ではなかったですが、どんな訓練
       にも一生懸命に取り組んだことで結果を出すことができました。

修了生の声

ワークアドバンスト科

2009年度修了生

Bさん 30代 男性

現在取得資格
 ワープロ検定4級
 日商PC検定4級(文書作成)
 情報処理技能検定(表計算)2級
  • 入校理由
    Q.大阪市職業リハビリテーションセンターに入校した理由は?
     A. クローズで働いた経験からクローズで働き続けることの難しさと、
       オープンで働くことへの不安があり今の自分が就職しても長続きしないと
       思い、働き続けるための基盤となる訓練を受けたいと思い入校しました。
  • 訓練内容
    Q. 大阪市職業リハビリテーションセンターに入校して「良かった」と思うことはありますか?
     A. PCスキルの上達による資格の取得ができた。PCスキルの上達による
       資格の取得ができた。授業の一環として実際の会社での企業実習が
       できた。僕の場合はデータ入力の実習、梱包や箱詰めなどの作業の
       仕事が体験できた。
  • 訓練を振り返って
    Q.今までの訓練を振り返った感想を教えてください。
     A. 基本的なビジネスマナーから、実際に働いてこんな場面に遭遇した場合
       どう対応するか、ということをみんなでシェアしながら実際に
       シュミレーションするSSTという授業の中での仕事中困ったことや、
       コミュニケーションの取り方などが役に立っています。