HOME  職業訓練について  情報処理科

OA実務コース

 年間スケジュール

1年間の内容概略

  • 春  基礎固め及び集団でのチームワーク作業を学ぶ
  • 夏  各種検定スタート・プレゼンテーション大会
  • 秋  各々能力を磨き、就業への力を蓄える
  • 冬  就業へ向けて、訓練の再確認
       イベント(年間)
 4月 入校式
 5月 個人面談
 6月 日商簿記検定試験
 7月 プレゼン大会準備期間
 8月 プレゼン大会・夏季休暇
 9月 専門コース訓練スタート
10月 合同面接会・ITパスポート試験
11月 日商簿記検定試験・就職相談会
12月 日商PC検定
 1月 冬季休暇・個人面談
 2月 日商簿記検定試験・就職相談会
 3月 修了式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※日商PC検定試験は随時あり

 カリキュラム

OA実務コースでは、業務上の問題点を解決する為の手法としての、PCスキルや、 簿記会計、会計処理など経理に関する技術だけでなく、Web及びDTPデザインを選択科目として習得し、問題分析、問題解決、プレゼンテーション能力を養い、業務遂行能力のある人材を育成します。

 学科・実務内容<訓練時間1400時間以上>

    <基本訓練内容>

    • Excel/Word実技(文書・表作成)
    • PowerPoint実技(プレゼンテーション方法)
    • Access実技(データベース作成)
    • Webデザイン
    • ITパスポート(情報処理の基礎について)
    • 簿記・会計学(日商簿記検定3級・2級、ビジネス会計)
    • ビジネス講座(敬語の使い方やお礼状の書き方など)
    • 職業問題(現在の障がい者雇用状況や社会情勢について)
    • 各チームでテーマ別にプレゼンテーション作成&発表
    • 外部講師による特別講座(人間関係の築き方や自己PR方法、修了生の話など)
    • 体育(年数回、長居障がい者スポーツセンターにてレクリエーション)

    秋からコース別に分かれます。

     

    ◆ 会計専攻

     

    事務系の専門課程では、簿記経理の実務に関する基礎知識やコンピュータ 会計ソフトに関する知識を身につけ、会計情報から経営分析ができる人材を 養成します。

    パソコン財務会計実習(弥生会計ソフト使用)

     

    ◆ デザイン専攻

     

    デザイン系の専門課程では、クライアントの要望に応じたWebサイトやDTPの デザイン技法を学び、企画力、プレゼン能力を身につけ、クリエイティブな提案が できる人材を養成します。 Photoshp実技(画像編集・加工) Illustrotor実技(イラスト・チラシ作成) Indesign実技(雑誌作成方法) デザイン概論・実技(ポスター作成など) DTPデザイン(修了文集作成)

    取得可能資格

    • ITパスポート
    • 日商簿記検定2・3級
    • ビジネス会計検定3級
    • 日商PC検定(文書作成)2・3級
    • 日商PC検定(データ活用)2・3級
    • 日商PC検定(プレゼンテーション)3級
    • 日本情報処理検定(ワープロ・表計算・文書デザイン・プレゼンテーション)
    • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
    ※「取得可能資格」は、試験実施機関が行う試験に合格する必要があります。

    修了生の声

    情報処理科 OA実務コース

    2011年度修了生

    Aさん 20代 男性

    現在取得資格
    ワープロ検定3級
    日本商工会議所簿記検定試験3級
    日本商工会議所PC検定試験文書作成 2級
    • 入校理由
      Q.大阪市職業リハビリテーションセンターに入校した理由は?
      A.短期訓練を受けていた時に1年間のコースがあるとわかり、入ろう と思いました。
    • 訓練内容
      Q.訓練内容について全体の感想を教えて下さい。(勉強になったこ とや、難しかったことなど)
       A. 様々な訓練内容があるので、自分に必要なものを見極めて絞って勉強した方が いいと思いました。
    • その他
      Q.大阪市職業リハビリテーションセンターでの思い出について、訓練内容なども 含めて一番印象に残っていることや通所についてなど通所についてなど、自 由に書いて下さい。
       A. このセンターは、何も考えずに過ごすと何も身にならずに終わるし、目標決めて ちゃんとするといろんなことが勉強できる感じがします。私自身は、個性的なメン バーが多かったので、毎日が楽しかったのですが、時間が穏やかに過ぎていく ので、ふわっと過ごしがちになりました。1年ないし2年しかないので、自分で勉 強したいことや身につけたいことを見つけていくことが大切だと思います。