HOME  職業訓練について  訓練コース一覧

訓練コース一覧

 身体障がいのある方 (1年コース)

 1.情報処理科 OA実務コース

OA実務コースは、業務上の問題点を解決する為の手法としての、PCスキルや、簿記会計、会計 処理など経理に関する技術だけでなく、WEB及びDTPデザインなどを選択科目として 習得し、問題分析、問題解決、プレゼンテーション能力を養い、業務遂行能力のある人材を育成 します。

 知的障がいのある方 (1年コース)

 1.情報処理科 ビジネスパートナーコース

ITをツールとした事務系訓練を実施し、事務職やサービス職で必要なパソコンの知識や、アプリ ケーションソフトのスキルを身につけていただきます。実務の作業を取り入れた訓練や企業内で の実習を実施することによって、事務作業やパソコンを利用した事務補助の業務遂行力、マネジ メント能力(作業管理、業務管理、自己管理など)を高めるとともに与えられた業務を確実に遂行> できる人材を育成します。

 2.ワーキングスキル科

クリーンルーム化された設備環境の中で弱電製品等の組立、ハンディーターミナル(端末機) を使った物流での入出荷にかかるピッキング業務、ベッドメイキングなども含めたホテルや病院 などの清掃サービス、パソコンスキルの基礎講座やフォークリフト運転資格取得を目指した技能 講習(大阪市職業指導センターと連携)など、現実の求人動向や雇用情勢に見合った様々な作 業に従事し、職業技能と知識を養い、本人の「得意な分野」を伸ばし就労意識を高める職業指導 を行います。

 精神障がいのある方 (1年コース)

 ワークアドバンスト科

ワークアドバンスト科では、就業に向けたSST(社会生活技能訓練)を中心に物流作業や清掃 サービスなどの軽作業とパソコン技能の習得を基本とする事務作業を組み合わせた訓練を行 います。これらの技術習得と、段階的な企業実習の体験を通して、基本的な労働習慣に体調 管理の方法や対人技能のスキルを身につけ、就労を継続する力の確立を図ります。

 発達障がいのある方 (1年コース)

 ジョブ・コミュニケーション科

ジョブ・コミュニケーション科では、電気工事士・フォークリフトなどの 作業系の資格と基本的なPCスキルの資格取得を目指し、物流作業や弱電、清掃サービスなどの 作業訓練を行います。またグループワークなどで就労後に必要となるコミュニケーションスキルや ビジネスマナーを身に付けていきます。これらの技術の習得と、企業実習の体験などを通して、 個々の特性を理解し、それぞれに応じた働き方や工夫の方法を確認し、就労を継続できる力を養う 職業指導を行います。

 精神障がい・知的障がい・発達障がいのある方
                           (1~3ヶ月コース)

 障がい者の態様に応じた多様な委託訓練

「障がい者の態様に応じた多様な委託訓練」は、障がいのある人の職業訓練のチャンスを大幅 に拡大しその雇用・就業を支援するために、平成16年度から全国で実施しています。 この訓練の特徴は企業、社会福祉法人、特定非営利活動法人、民間教育訓練機関等地域の 多様な資源を訓練現場として活用することができることです。これにより今まで近くに職業訓練 機関がなかった人にも、居住する地域で訓練を受けることができます。